Knowhow top

入職準備

内定通知を受け、転職活動にも終わりが見えてきました。ほっと一息つきたいところですが、最後まで気を抜かず、入職後のスムーズなスタートダッシュに備えましょう。


Knowhow6 flow

内定通知を受けてから入職まで、細かな手続きがたくさんあります。まずは全体の流れを把握しておきましょう。


1.内定通知への返信連絡

・電話で内定通知を受けた場合は、先方の名前を確認しましょう。
・メールや郵送の場合は、一両日中に返信します。
・「他社の通知を待ちたい」などの理由で入職諾否の返事を保留したい場合も、まずは早めに連絡をしましょう。連絡が遅れると、印象を下げてしまうだけでなく、入職辞退とみなされるおそれも。内定通知後も気を抜かず、相手に与える印象には常に注意していましょう。


2.条件の再確認・入職諾否の意思表示

・意思表示をする際に、勤務条件や給与などについて不明な点がないか必ず確認しましょう。面接で具体的な結論が出なかった条件があれば、ここで最終調整をします。ここでも面接と同じように、意思表示ははっきりと、かつ誠実な姿勢で行いましょう。
・入職を承諾した時点で内定が決定します。「入職承諾書」などの書類提出を求められた場合は、早めに提出しましょう。


3.入職日の決定・退職日との調整

・失業中の場合は、基本的には入職先の求めに応じましょう。
・在職中の場合は、退職日が決定し次第、入職先の担当者と相談して入職日を決めます。


4.雇用契約の締結・入職手続き

入職先と「労働契約書」を交わします。そのほかにも年金手帳、雇用保険被保険者証、源泉徴収票などの必要書類を提出します。就業規則にも一読し、疑問点は早めに解決しましょう。


5.初出勤

上司や各部署へのあいさつ、デスクの整理など、業務開始の準備には時間がかかります。スムーズに業務に移行するためにも、基本的に初出勤の日は早めの出勤を心掛けましょう。ただし職場ごとの慣習などもあるため、不安な場合は予め担当者と出勤時刻について相談しておくのがよいでしょう。


Knowhow6 todo

転職は、内定から初出勤までの時間が非常に短く、手続きなどでバタバタしているうちに初出勤前日…というようなことも考えられます。また、在職中に内定した場合は、比較的時間に余裕がもてます。しかし、業務の整理や引継ぎなどの進捗状況によっては退職日・入職日の延期という事態になりかねません。限られた時間を効率的に使えるよう、入職までにやるべきことを事前に把握し、計画を立てておきましょう。


・提出書類のチェック

年金手帳、雇用保険被保険者証、源泉徴収票など。提出物は早めに揃えるように心がけましょう。


・転職あいさつ状の作成・発送準備

お世話になった方向けにあいさつ状を作成し、必ず自分から転職の報告をしましょう。周囲のうわさで転職したことを知った、というのは絶対にNGです。退職が決まる前から、文面や発送先リストを作成しておくとスムーズに発送できるでしょう。


・採用担当者への定期連絡

在職者で入職日までの期間が長い場合は、担当者と相談の上、定期的に連絡を取ることをおすすめします。


・就業規則の把握

就業規則には早めに目を通し、入職先でのルールを把握しておきましょう。疑問点があれば必ず採用担当者に確認をします。そうすることで、余裕をもって初出勤を迎えることができます。


・その他

入職先の業務の予備知識取得(入職先の組織図など)のほか、入職先で必要となる備品の準備などが挙げられます。細かな事項も忘れずに準備することが、スムーズな入職のために不可欠です。



ご入職おめでとうございます。
入職後も、弊社の転職エージェントがあなたを全力でサポートします!
困ったことや不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。
最初のステップに戻る